髪が蘇る|最新の技術を駆使した育毛剤が効果を発揮する

夫婦

自然な増毛で薄毛を解消

ブラシ

洗髪は優しく慎重に

頭髪の面積を確実に広げることができる植毛は、AGAなどでお悩みの方の強い味方になってくれます。現在は技術も進歩してきており、傷跡を目立たせずに施術を受けられるようになりました。そして、植毛を行う場合は施術のセルフケアも重要になり、特に洗髪には気を付ける必要があります。術後は翌日から髪を洗うことができますが、移植部にはシャンプーが付かないように注意を払います。手術後1週間ほどは、直接シャワーの水流を当てることは避け、やさしく濡らして流す程度にしておきます。術後1週間から2週間までの間は、シャワーの水流で濡らした後、指でやさしくこすることが可能です。術後2週間以降は、植毛部位がしっかりと定着するので、問題なく通常の洗髪を行っていけます。

傷跡が目立たない縫合方法

広範囲に植毛を行う場合、後頭部の頭皮を切り取って移植する、FUT法が主流になっています。植毛した部位の定着率が95%と高く、確実に薄毛を解消することが可能です。しかし、周囲に気付かれることなく行いたいと考えている方にとっては、切開による傷跡がネックになります。そこで最近は、傷跡がほとんど目立たない最新の縫合方法が確立され、クリニックでも行われるようになりました。その縫合方法は、トリコフィティック縫合法と呼ばれるもので、坊主刈りの状態でも、ほとんど傷跡は目立ちません。縫合する皮膚の片方の縁を削って、その上にかぶせて縫合するため、接合部の上にもしっかりと毛が生えます。この、トリコフィティック縫合を得意としている医師が在籍するクリニックで植毛を行えば、傷跡の問題も解消できます。