髪が蘇る|最新の技術を駆使した育毛剤が効果を発揮する

夫婦

エストロゲンの量も大事

レディ

ダイエットが原因のことも

若い世代から老齢の世代まで、女性も薄毛に悩まされる人が現代では増えています。男性のケースに比べて、女性の薄毛はその原因が多岐に及ぶのが特徴です。一例を挙げると若年性脱毛症は女性にも見られますが、その原因として多いのが無理なダイエットです。美しく健康な髪の毛は女性ホルモンのバランスが保たれていることが必須条件です。しかし激しいダイエットによってホルモンのバランスが崩れてしまうと、髪の成長が止まったり、頭皮環境が悪化して薄毛の症状が進みます。他にも男性同様に加齢によるものや、出産によってエストロゲンが減ることで症状が現れたり、生活習慣の乱れなども影響したりと、多くの原因が影響するのが女性の薄毛の特徴です。

喫煙は悪影響が大きい

育毛を考えると望ましくない行動は多くあります。特に女性の場合に気をつけたいのが喫煙を繰り返すことです。男性と比べると、女性は喫煙や飲酒などによる影響を体が受けやすいことが分かっています。タバコの中に含まれるニコチンは、血流を滞らせる働きがあります。そのため頭皮の血行も悪くなり、薄毛の原因に繋がります。喫煙は自分の体だけでなく、胎児にも悪影響を及ぼすため、特に妊婦や若い人は髪のためにだけでなく、自分の体のためにも控えた方が無難です。また激しいダイエットや、逆に肥満も薄毛の原因に繋がるので注意が必要です。体重の増減が激しいと、女性ホルモンのエストロゲンのバランスが乱れてしまいます。エストロゲンは髪の毛を成長させる役割を担っているため、薄毛が進むことがあります。